倶楽部概要[約款]

HOME>約款

利用約款

■第1条 【約款の適用】
当倶楽部をご利用のお客様(会員・非会員を問わず)は、安全で快適なプレーをお楽しみ戴くため当倶楽部の諸規則ならびに本約款に従ってご利用して戴きます。
■第2条 【利用約款の約定成立】
当倶楽部でプレーされるお客様はフロントで本約款をご確認の上、所定の名簿に署名して下さい。 これを条件とし署名者(代筆不可)の施設利用をお引き受けすることになります。
■第3条 【利用の申し込み違約金等】
プレー予約申し込み及びキャンセル料については当倶楽部の規定に従って戴きます。
■第4条 【利用料金の精算】
当倶楽部の利用料金(プレー代、飲食代等)についてはプレー終了後、現金またはクレジットカードにて精算して下さい。原則的に後日請求は一切お取り扱いしておりません。
尚、消費税計算後の合計金額は1円単位を四捨五入とさせて戴きます。
■第5条 【利用の拒絶】
  1. 施設利用のお申し込みが第2条によらない時。
  2. 当日の規定予約枠がすべて一杯となりスタート時間が取れない時。
  3. 事前にプレーの予約をせず来場した時。
  4. 暴力団員とその交友関係者、または集団的、常習的に暴力行為を行う恐れがあると認められる者。
  5. 反社会的団体に所属していると認められる者や、体に刺青またはタトゥーがある者。
  6. 申込み者が(4)、(5)に該当すると認められた段階で予約受付は即取消しとする。
  7. 他の利用者や倶楽部への迷惑等、公の秩序若しくは善良な風俗に反すると認められる時。
  8. プレー代や飲食代等、利用料金の支払いが3ヶ月以上未納の時。
  9. 定休日及び天災やその他のやむを得ない事情によりゴルフ場をクローズする時。
■第6条 【利用継続の拒絶】
  1. 当倶楽部内の風紀や秩序を乱し倶楽部や利用者に迷惑をかけた時。
  2. 当倶楽部従業員の運営上必要な注意に従って戴けない時。
  3. 施設利用を引き受けた後プレー中であっても前条(4)、(5)に該当すると認められた時。
  4. ゴルフ規則で定める基本的エチケットを遵守せず倶楽部や他の利用者に迷惑をかけた時。
    ※ 上記理由により利用継続をお断りした場合でも当日の規定料金は全額お支払い戴きます。
■第7条 【倶楽部内における禁止行為】
  1. 賭博その他、当倶楽部の風紀や秩序をみだす行為。
  2. 物品販売、宣伝広告その他営業に支障を来すと思われる全ての行為。
  3. 利用者以外のコース内立ち入り。 (事前に当倶楽部の承認を得た場合を除く)
■第8条 【現金・キャッシュカード・貴重品・携帯品・自動車等の紛失や事故盗難】
現金やキャッシュカードその他貴重品はフロントにて貴重品袋に入れ署名封印してお預け下さい。貴重品、携帯品(キャディバック、その他持ち物)、ロッカーキーの紛失、ロッカー、フリーボックス、脱衣場、場所を提供している駐車場でのお車に関する事故、盗難について当倶楽部では一切責任を負いませんので十分ご注意下さい。
■第9条 【宅配便の事故】
宅配便によるゴルフクラブ・その他物品の受領・保管・発送等において当倶楽部はあくまで当事者を代行して行うものであり、その間における事故発生の場合は一切責任を負いません。
■第10条 【エチケット・マナーの遵守とプレーヤーの危険防止注意責任】
  1. ゴルフ規則で定めるエチケット
    a)危険防止の安全確認を行う
    b)他のプレーヤーの邪魔や迷惑とならない心配りをする
    c)速めのペースでプレーする
    d)バンカー、ディボット跡やボールマークの修復を行う
    e)コース内の芝保護をする
    f)ゴルフカートの走行注意事項を厳格に守る
    以上を遵守し(ハウス内掲示板参照)他の利用者の安全と快適なプレーに寄与して下さい。
  2. 当倶楽部ご来場の際は夏季(7・8月)を除き男性は上着着用といたします。
    尚、サンダル・ジーパン・Tシャツ・トレーニングウェア類でのご来場はお断りいたします。
  3. 他の利用者を尊重し、自ら見苦しいと思われる服装は慎み、施設内(ハウス・コース)では会員制倶楽部の品位を保つべく服装と、ゴルフに相応しいウェアの着用をして下さい。
  4. 倶楽部ハウス内における携帯電話のご使用は専用電話ボックスを除きご遠慮下さい。
  5. キャディーは進行上のアドバイスをすることがありますが、あくまでも参考に留め打球時は自己の飛距離と方向性をよく考慮し、自らの判断と責任において安全注意義務を図って下さい。
  6. 自分や同伴者が危険防止のため安全プレーを心掛けたにも係わらず、打球が人に当たる危険性のある方向に飛んだ場合は、必ず自ら大きな声で「フォー!!」と発声しその周辺にいる他の利用者や従業員に危険を知らせて下さい。
    ※ 利用者は必ず帽子等をかぶることが原則です。
■第11条 【違背の場合の責任】
利用者が前条(5)、(6)に違背し第三者に傷害等の事故を発生させた場合、及び自害等の被害を受けた場合において当倶楽部は一切損害賠償の責任を負いません。
■第12条 【乗用カートのご使用】
乗用カートの運転者はキャディ及び運転免許証の所持者(アルコール非摂取者)に限ります。乗用カートの運転を利用者が行う場合は安全かつ慎重に運転して戴き、芝地への乗り入れや上記を遵守せず事故が発生した場合において、当倶楽部は一切責任を負いません。
■第13条 【雷の音や気配があった場合、緊急サイレンとアナウンス】
雷は大変危険です。雷雲情報による落雷事故防止のためプレー中止の緊急サイレン(3分間継続)とアナウンスを併用しますが、利用者が雷の音や気配を感じた場合はあくまで自己責任において直ちにプレーを中止し、倶楽部ハウスやコース売店等、安全と思われる場所に必ず避難して下さい。
■第14条 【クラブ確認】
キャディー付きの場合クラブの現有確認をスタート前とプレー終了後に行いますが、確認サイン終了後におけるクラブ・バック・ヘッドカバー等の不足や損傷、またはセルフプレーにおけるクラブ・バック・ヘッドカバー等の不足、損傷、置き忘れについて当倶楽部は一切責任を負いません。
■第15条 【施設への持込品】
施設内に下記のものを持ち込むことをお断りいたします。
a)動物等のペット類
b)著しく悪臭を放つもの
c)鉄砲、刀剣類
d)発火、爆発の恐れがあるもの
e)騒音を発するもの
■第16条 【施設利用の責任】
お客様が故意、過失または不注意によって施設、乗用カートや倶楽部所有物に損害を与えた場合、また本利用約款の違反や従業員の指示に従わずに発生した事故による損害金は全額お支払い戴きます。
■第17条 【緊急】
利用者は自分自身の体調や健康状態(過労、睡眠不足、飲酒等)がプレーに支障がないか充分注意して戴き、体調が思わしくないと思われる場合は決して無理をせず即プレーを中止して下さい。
尚、緊急の場合は出来る限りの努力をいたしますが、その結果についての責任は負いません。
■第18条 【再来場の拒絶】
非会員の利用者で下記の行為や事実があった場合は再来場をお断りすると共に、倶楽部より利用者を紹介された会員並びに利用者の氏名及び事実関係を倶楽部理事会に報告し、理事会の審査のうえ会員は倶楽部より処分されることがあります。
  1. 暴力団員やその交友関係者、または集団的、常習的に暴力行為を行う恐れがあると認められる者、反社会的団体に所属していると認められる者の紹介をした場合。
  2. 紹介者が会員の氏名を詐称した場合。
  3. 代金の未払いや請求を拒絶した場合。
  4. その他倶楽部の会則、規約、本約款に違反した場合。

本約款は平成4年9月24日から施行する。
平成18年10月1日改定 第7版


page up